Entry エントリー
INTERVIEW
17

私がここにいる理由

高齢者介護から障害者支援員へ
自分次第で選択肢がどんどん広がる環境!
高齢者介護から障害者支援員へ
自分次第で選択肢が
どんどん広がる環境!
障害者支援員
2011年入社
山村 拓也 さん

Q. 入社のキッカケを教えてください。

短期大学の卒業とともに他社の特別養護老人ホームへ就職しました。業務量の多さと仕事を教えてもらえる環境が整っていなかったことが精神的に大きな負担となり退職してしまいました。その際にむべの里光栄に勤務している知り合いから話を聞き、仕事を覚えながら業務に当たれる環境が整っているところに魅力を感じ入社しました。

Q. 仕事のどんなところにやりがいを
感じていますか?

様々な障がい特性を持つ利用者様に合わせた支援、グッズ、環境設定を考え、整える事に力を入れています。グッズやツールによって利用者様の気持ちが理解できたり、その利用者さんが必要としている支援ができた時、難しいパズルが解けた時のような大きな達成感が味わえます。

Q. 将来のビジョンについて
教えてください。

利用者さんの生活に自然な形で溶け込める事を目標にしています。 適切な支援方法を共有し、職員全員が気持ちに余裕を持って支援に当たれる現場を作っていきたいです。 利用者様が主体的に生活ができるよう支援する事を心がけています。

Q. 職場の雰囲気や、労働環境に
ついて
教えてください。

利用者様の支援の仕方で行き詰まった時、悩みがある時、誰にでも気軽に話ができる雰囲気です。 現在の職場に異動してきた際、分からない事をとにかく質問し、挨拶を心がけました。わからないことや迷った時にも、周りが当たり前のようにサポートしてくれ、すぐに環境にも慣れることができました。また、失敗しても次へのチャンスを潰さずにいてくれたので失敗を恐れずチャレンジをし続けられています。

MESSAGE未来の仲間へのメッセージ

最初はとにかく色々な事に興味を持って楽しんでください。最初は分からない事が分からないものです。する事が分からず、困った時の魔法の言葉は「何をしたらいいですか」です!

MESSAGE未来の仲間へのメッセージ

最初はとにかく色々な事に興味を持って楽しんでください。最初は分からない事が分からないものです。する事が分からず、困った時の魔法の言葉は「何をしたらいいですか」です!

Other INTERVIEW他のインタビューを見る